美意識とは?

2回目の投稿となります。
今回も少しだけ私自身のことを書かせて下さい。

プロフィールを見て頂いたら分かるように、THE CLINICに入職する前の私の専門は呼吸器外科でした。転向するにあたり、多くの方に「18年の呼吸外科医としてのキャリアがありながら、何で今更美容外科医に?」と言われました。様々な理由はありますが、幼少期から美に対する意識が高く、美容外科に対する憧れがあったのだと思います。

ところで、「美意識」とはそもそも何でしょうか?
Wikipediaから引用すると、美意識とは「人が美しいと感じる心の動き」だそうです。美しいと感じる対象は個体差が大きく、時代、地域、社会、集団、環境などによっても大きく異なります。例えば、整然と並ぶものに美を感じるものもいれば、ランダムに並ぶさまに美を感じるものもいます。左右対称を美しいと感じるものもいれば非対称に美を見出すものもいます。つまり、美に対する基準や価値観は人それぞれということになります。
美意識のある人とは、外見の美しさだけ(美容)ではなく、内面の健康や精神面の安定など、外見と内面のバランスが取れている方だと思います。美意識を高くするには、外見だけではなく内面も磨かなくてはいけません。

THE CLINICには美意識の高い方が多く来院されます。私は、ゲストの皆様の外見を磨くお手伝いが少しでもできればといつも考え診療しています。

最近来られたゲストでハンドリバイブMCをされた方がいらっしゃいました。
手は、痩せて脂肪が落ちたり皮膚がたるんでシワになったりと、以外と年齢の出やすい部位です。
これまでの手に対するアンチエイジング法は、ご自分の血液に含まれる血小板や白血球を利用して肌を活性化させるPPPやPRPなどが主流でした。しかし、これらは時間と共に体に吸収されるため、効果を持続させるには継続して施術を受ける必要がありました。そんな課題を払拭した若返り法の決定版が純度を極限まで高めた脂肪、マイクロCRFを利用する最先端の再生医療、ハンドリバイブMCです。半永久的な効果が見込め、肌のハリが復活し肌の色が明るくなるなど、嬉しい作用があります。

5

無料でカウンセリング致しますので、興味のある方はお気軽にいらしてみてくださいね。