今日は、わき汗の話です。

11

わき汗・多汗症は、日本だけで約720万人もの方が患っているそうです。(厚労省調べ)

脇の下は汗腺が集まっているため、体の中でも汗をかきやすい部位です。

体温上昇による発汗だけではなく、遺伝やストレス、更年期、偏った食生活など…

精神的な影響でも汗腺から過剰に汗が出ることがあります。

脇にはエクリン腺(小汗腺)とアポクリン腺(大汗腺)、皮脂腺いう3つの分泌腺があります。

多くの汗はエクリン汗腺から排出され、その成分のほとんどが水です。

アポクリン汗腺から出る汗はタンパク質やアンモニアなどで構成され、独特の臭いを発したり、

黄ばみの原因になったりする点が特徴です。

わき汗の治療には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺の両方にアプローチしなければいけません。

切開が必要な外科的治療には、剪除法・反転剪除法や皮膚切除法などがありますが、

傷跡が残ったり、再発したり、医師の技術によって完治率に差が出てしまいます。

一方、切らない外科的治療には、ローラーシェービング法や超音波法などがあります。

その中で、最近注目されている最も新しい治療法に、サーミ ドライという施術があります。

サーミ ドライは、サーミRFという高周波の熱を利用した方法で、わきのシワに沿って、約3mm

程度の針穴を1カ所開け、細いカテーテルを挿入します。皮下にあるエクリン汗腺とアポクリン汗腺

の両方をしっかり照射するので、確実な効果が期待できます。

皮膚が高温になり過ぎないようにサーモグラフィーでモニタリングしながら行うため、

火傷の心配も要りません。

1回の施術で大きな効果が得られ、ダウンタイムが短いのが特徴なのでとても人気の施術です。

わき汗が気になっている方、この夏まだ間に合いますので是非カウンセリングにお越しください。

今、モニターを募集しています!