日本では豊胸手術を受ける方が、年間10万人以上いるそうです。

現在、主な豊胸方法といえば脂肪豊胸、ヒアルロン酸豊胸、シリコンバッグ豊胸がありますが、
何を基準に豊胸方法を決めたらいいのでしょう?

10

恋人やパートナー、友達、家族にばれたくないという思いがありますよね。
見た目が自然で、触感も柔らかい方がいいです。
傷跡は小さく、ダウンタイムも短い方が良いに決まっていますよね。

「見た目の自然さや触り心地」を比較するなら、脂肪豊胸が一番良いでしょう。特にコンデンスリッチファット豊胸では添加物を一切使用せず、100%自身の脂肪を注入するため、柔らかくふんわりとしたバストに仕上がります。一方、ヒアルロン酸豊胸では硬さが目立ち、シリコンバッグ豊胸では不自然さを指摘されることが多いです。

「大きな傷」がついてしまうのはシリコンバッグ豊胸のみ。注射で注入する脂肪豊胸やヒアルロン酸豊胸と違い、バッグを挿入するための切開時の傷跡は避けられません。乳輪や乳房下ではなく、脇に切開を置くことで目立ちにくくすることはできますが、ノースリーブや水着をきたりする時に、傷跡が気になりますよね。

「術後の痛み」はどうでしょう。脂肪豊胸は約1週間、筋肉痛のような痛みがありますが、日常生活に支障が出ることはありません。ヒアルロン酸はごく少量のみを注入する場合は痛みはありませんが、注入量が片側50cc以上になると強い痛みが1週間ほど続くことがあります。シリコンバッグ豊胸は、腕が上げられないほどの強い痛みが2週間ほど続くことがあります。特に、挿入箇所が乳腺下の場合よりも、大胸筋下の場合の方が強く眠れないほどの激痛です。

脂肪豊胸が、一番リスクが少なく、ばれない豊胸方法です!
でも、健康な良い脂肪を、しこりにならないように注入する技術が必要です。

次回は、コンデンスリッチ豊胸についてお話しします。

豊胸に興味がある方は、是非遊びに来てください。
無料カウンセリングにてアドバイスを致します。