脂肪吸引後のダウンタイムは、吸引部位や範囲、吸引した量によって変わってきます。

もちろん体型や男女間、年齢などにより個人差もでてきますが、

 

ダウンタイムの平均は、

痛み:筋肉痛のような鈍い痛いが2-3日でピークとなり、1週間ほどで治ります。

内出血:2-3週間(範囲が狭い場合は1-2週間)

腫れ・浮腫み:2-3週間(下半身だと3週間〜1ヶ月かかることもあります)

硬縮(組織が硬くなる症状):2週間目くらいから出現し、柔らかくなるには3ヶ月〜半年ほどかかります。

 

では、実際に内出血の経過をお見せします。

先日行った二の腕脂肪吸引の経過です。

【施術翌日】

二の腕 脂肪吸引二の腕 脂肪吸引

施術翌日には、肘周辺にくっきりと内出血が現れました。

重力の影響で、内出血や腫れなどは肘周りに強く出ます。

七分袖だと十分隠せますが、半袖だとちょっと見えてしまう感じです。

 

【施術後2週間】

二の腕 脂肪吸引二の腕 脂肪吸引

内出血は肘下に少し残っていますが、他はほとんど消えました。

浮腫みがまだ残っていて、さらに硬縮が現れている状態です。

硬縮は見た目には分からず、触って硬いと感じる程度です。

 

腫れが治ると細さを実感しますし、硬縮が完全に取れるとより一層細くなります。

脂肪吸引の仕上がりは半年ほどかかります。(個人差があります)

 

二の腕の脂肪吸引は、ダウンタイムが短く、日常生活にもほとんど影響しません。

春になって、薄着になる機会が増えてまいりました。

お気軽に受けて満足していただける施術ですので、ぜひ試してみてください。