先日、他院シリコンバッグトラブルのバッグ抜去症例を紹介しました。

30歳代後半の可愛い方で、6年前に他院でシリコンバッグ豊胸を受けられました。

 

【施術前】

バッグ抜去 コンデンスリッチ豊胸

乳腺エコーで確認したところ、両側ともバッグの破損を認め、

左胸はシリコンが周囲の皮下に漏出し、右胸は強いカプセル拘縮と石灰化でガチガチになっていました。

本来ならば、乳房下縁切開からでないとバッグ摘出が困難なケースでしたが、

傷を作りたくないということで、脇からの摘出と同時にコンデンスリッチ豊胸を行いました。

 

【施術後1ヶ月】

バッグ抜去 コンデンスリッチ豊胸

まだ脂肪注入による腫れが残っていますが、右胸はより自然な形に近づいてきました。

完全に左右対称にすることは難しいですが、近い状態にすることは可能です。

お胸のボリュームも抜去前とあまり変わらないぐらいに保たれていますね。

 

徐々に腫れや硬さが取れてきますので、3ヶ月や半年後にはより自然なお胸になります。

 

バッグトラブルで悩んでおられる方、一度カウンセリングにお越しください。