胸の大きさやたるみ(下垂)で悩んでいる方は結構いらっしゃいます。

 

これまでの乳房縮小治療の主流は、外科的切除術でした。

大きく皮膚を切開して余分な脂肪を除去した後、余った皮膚を取り除きます。

乳輪の位置を変えたり、乳頭・乳輪縮小も兼ねた複雑な手術になります。

何よりも大きな傷跡が残ってしまうのが、この治療法のデメリットです。

 

今回は、乳房縮小のために、脂肪吸引とサーミタイトを行った症例の術後経過を紹介します。

【施術前】

乳房縮小術後

20代前半の可愛い方です。乳房の大きさや下垂だけではなく、左右差もあります。

脂肪を吸引しすぎると垂れてしまうので、垂れないように何遍なく吸引しました。

また、左右差を少しでも改善するように右側を多めに吸引しました。

 

【6ヶ月後】

乳房縮小術後

ずいぶん小さくなりました。自然で綺麗なバストです!

サーミタイトの効果もあり、皮膚が引き上がっていますね。

また、左右差も大分解消されました。

数mm程度の傷しか開けていませんので、全く目立ちません。

 

外科的手術みたいな劇的な効果はないかもしれませんが、(効果には個人差があります)

何よりも傷跡がほとんど目立たないのがメリットです!!

 

◎乳房縮小については、『ザクリニックのコラム』でも、詳しくご紹介しています!