フェイスリフト

顔のリフトアップに関する美容施術には幾つかの方法があります。

(1)フェイスリフト手術(切るリフトアップ)

(2)溶ける糸で皮膚を引き上げるフェイスリフト(切らないリフトアップ)

(3)糸や鍼によってコラーゲンの生成を促し、肌のハリや肌質の改善を図る治療(金の糸、韓国式美容鍼など)

(4)高周波(サーマクールなど)・超音波(ウルセラなど)で肌を引き締める照射系治療

(5)脂肪やヒアルロン酸などを注入してボリュームをだす注入系治療

色々ありすぎて、何がいいのか分からないですよね。

 

フェイスリフト手術(切るリフトアップ)と聞くと、「傷跡が目立ってしまう」とか、

「内出血や腫れが落ち着くまで時間(ダウンタイム)がかかる」とか、「歳を取ってからの手術」だとか、

そういうイメージを持たれている方が多いと思います。

実際には、額・こめかみ・頬・あご・首など引き上げたい部位によって色々な手術方法がありますし、

顔の中央部分のたるみを改善する「ミッドフェイスリフト」や、上唇を厚くする「リップリフト」など

多様なバリエーションが存在します。

 

最近の傾向として、手術の侵襲やダウンタイムがより少ない治療が求められるようになりました。

そのため、糸のフェイスリフト(切らないリフトアップ)が急速に普及していますが、

中にはあまり効果の期待できないものや、長続きしないものがあるので注意が必要です。

また、美容鍼や照射系治療なども様々なものがありますが、いずれも「たるみ」の改善にはなりません。

 

リフトアップの効果や持続性、ダウンタイム、手術侵襲や術後の合併症などを総合的に評価すると、

フェイスリフト手術に脂肪注入や糸のリフトを併用したり、糸のリフトと同時に脂肪注入したりなど、

幾つかの施術を組み合わせた治療が最も良いかと思います。

 

もちろん、人によって顔のたるみ方は異なっています。

実際の状態を診させていただいてアドバイス致します!