豊胸を希望される方は痩せ気味の方が多いです。

当院の場合、コンデンスリッチ豊胸を受けられる方の約半数が、BMI=20以下ととても痩せておられます。

中には、他院で「脂肪がないから、脂肪注入豊胸は難しい。」と断られた方もいらっしゃいます。

 

脂肪注入豊胸には、4つのポイントがあります。

①脂肪採取(吸引技術)

②脂肪の質(コンデンスリッチファット)

③注入技術(マルチレイヤーインジェクション)

④乳房の皮膚の伸び(注入量の限界)

 

痩せた方にとって④皮膚の伸びは、とても重要なポイントになります。

もともと胸がない方や、漏斗胸の方、授乳後に加齢とともに萎んでしまった方など…

同じ痩せた方でも、皮膚の伸び率には個人差があり、それによって注入できる量も変わってきます。

皮膚の伸びがあまり良くない方に、許容量を超えた脂肪を注入しても、

壊死してしまったり、しこりになったりするだけで、良いことは全くありません。

適切な注入量を見極める技術も大切なのです。

 

今日ご紹介するのは、40代の綺麗な女性で、

もともと痩せておられましたが、授乳後にさらに小さくなってしまった。と相談に来られました。

 

【施術前】

痩せ型 コンデンスリッチ豊胸痩せ型 コンデンスリッチ豊胸

デコルテの肋骨が浮き出ていて、垂れてしまった乳首も気になります。

 

【施術後1ヶ月】

痩せ型 コンデンスリッチ豊胸痩せ型 コンデンスリッチ豊胸

自然な膨らみとハリが出て、とても綺麗な胸になりました。

ボリュームが出たことで、垂れていた乳首が立つようになりました。

 

かなり痩せた方でも脂肪注入豊胸はできますので、ご安心ください!