2010年にDr. Rogottiが発表した論文には、

脂肪注入による乳房再建1000例において、「乳がん再発の影響はない」と書かれてあります。

 

そして今年、形成外科学会雑誌「PRS」に掲載されたDr. Kronowitzらの論文によると、

乳がん術後に脂肪注入したグループと脂肪注入していないグループ、

また乳がんに罹患しておらず脂肪注入したグループを長期比較した研究で、

3つのグループの乳がん発症率には、全く差がないことが示されました。

Lipofilling of the Breast Does Not Increase the Risk of Recurrence of Breast Cancer: A Matched Controlled Study. Kronowiz SJ, Mandujano CC, et al. [Plast Reconstr Surg. 2016 Feb;137:385-93]

 

脂肪注入豊胸と乳がん発症との関連性は全くないと考えて良いでしょう。

それどころか、乳がん術後乳房再建の最先端医療では、脂肪注入が注目されています。

当クリニックも大学病院と連携して乳房再建に積極的に取り組んでいます。

 

一方、乳房インプラントと乳がん発症との関連性に関する論文も数多くでています。

これまで、「豊胸バッグ挿入後に乳がんリスクが高まる証拠はない」と言われてきましたが、

最近の論文で、破損したシリコンバッグに伴う悪性腫瘍が報告されました。

直接的な関連性はまだ証明されていませんが、とても気になる報告です。

 

これから豊胸術を考えられている方には、

断然、乳がんの発症とは関係ない脂肪注入(コンデンスリッチ)豊胸をお勧めします!