他院脂肪吸引後の修正

脂肪吸引によるトラブルは色々あります。

 

一番多いトラブルは、吸引しすぎたことによる凹みです。

取り残しによる膨らみと取りすぎによる凹みで凸凹になってしまいます。

 

次に多いのが、色むらになって色素沈着が残ってしまうトラブルです。

これは皮下の浅い層ギリギリまで吸引されたことが原因です。

 

さらに、ボディバランスを無視して吸引されたことで起こるトラブルもあります。

吸引されたところは確かに細くなっていますが、

吸引されていないところとの段差がでたり、左右差になったりします。

取りすぎてはいけない部位を吸引すると、皮膚が垂れシワができてしまいます。

 

いずれのトラブルも吸引し過ぎたり、バランス良く吸引されなかったことが原因です。

もちろん最大限まで吸引しますが、吸引量には限界があります。

(骨格や筋肉の大きさ、皮膚の伸び、内臓脂肪などによって変わってきます)

 

凸凹になってしまっては、せっかく脂肪吸引した意味がありませんよね。

クリニックによっても変わってきますが、症例数の多いドクター選びが大切です!

 

症例は30代後半の綺麗な女性で、

15年ほど前に他院で腹部の脂肪吸引を受けたそうです。

【施術前】

他院脂肪吸引後修正他院脂肪吸引後修正

お臍の右側に凹みがあります。

左斜め横から見ると段差になっています。

脂肪注入は行わず、ベイザー脂肪吸引だけで平らにすることにしました。

 

【施術後6ヶ月目】

他院脂肪吸引後修正他院脂肪吸引後修正

ベイザー脂肪吸引だけで、凹みは改善し、段差もなくなりました!

わずかな線は残っていますが、気にならない程度です。

 

脂肪吸引による凹みを修正するには、

ほとんどの症例で複数回の脂肪注入が必要となりますが、

今回の症例のように再度脂肪吸引するだけで改善することもあります。

その方その方にあった治療法をアドバイスいたします!

 

◎脂肪吸引による失敗については『ザクリニックのコラム』でも、様々な情報をご提供しています!