今回は痩せた方の他院バッグ抜去+コンデンスリッチ豊胸を紹介します。

痩せ型で大きめのバッグが入っている場合、手術の難易度がかなり上がります。

理由として、以下の3つが挙げられます。

1.痩せているため脂肪の採取が難しい。

2.脂肪を注入できるスペースが限られている。

3.注入量も通常よりも少ない量しか注入できない。

 

当クリニックには、他院で手術を断られた方がよくお越しになりますが、

ほとんどの場合、バッグ取り出しと同時にコンデンスリッチ豊胸を行うことが可能です。

仕上がりは自然で綺麗なバストラインになりますのでご安心ください!

1回のコンデンスリッチ豊胸でも十分満足できると思いますが、

バッグ以上のボリュームを望まれたい方は2〜3回の注入をお勧めしています。

 

30代のかなり痩せた女性です。

バッグが入っていることがストレスで悩んでおられました。

エコーで確認すると、大胸筋下に大きめのシリコンバッグは入っていました。

軽度のカプセル拘縮以外、破損などのトラブルは認めませんでしたが、

薄い皮下組織と大きめのバッグのため、注入スペースは制限されると判断しました。

 

バッグ抜去 CRF豊胸

バッグ抜去 CRF豊胸

 

ボリュームは若干小さくはなりましたが、

バッグの形がはっきりしていて不自然だった胸が、

術後はとても自然で綺麗なバストラインになりました。

 

「バッグを取り出したことで、胸のつかえが取れました!」と、

とても喜んでいただけました。

 

最近、バッグトラブルのご相談が増えてきています。

皆様に少しでもお役に立てたら幸いです。

症例提示を承諾していただきありがとうございました。

 

ドクターブログモニターの募集を行っております。詳しくは、

//www.theclinic-higuchi.net/monitor/

 

また、福岡院フェイスブックやインスタもチェックしてみてください。

FB:https://www.facebook.com/ザクリニック福岡The-Clinic-Fukuoka-566956273336172/

インスタ:theclinicfukuoka